January 8, 2020 / 3:23 AM / 5 months ago

【中国の視点】米イラン、戦争が起きる確率は低い


*12:16JST 【中国の視点】米イラン、戦争が起きる確率は低い
米軍による空爆でイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマーニー司令官が殺害されたことを受け、中東情勢の緊迫化が一段と高まっている。イラン側は米国の軍事拠点に対する攻撃などの報復措置を宣言した。

イラン情勢の緊迫化に伴い、原油価格が大幅な上昇を示している。これは中国や日本、インドなど原油輸入大国のインフレ率を押し上げる可能性があると指摘されている。また、原油価格の上昇を受け、世界経済の先行き不透明感が一段と強まると警戒されている。

ただ、中国の専門家は、ソレイマーニー司令官が米軍に殺害されたことを受け、米国とイランの衝突が短期的には避けられないと指摘。ただ、イラン側が報復すると宣言したものの、戦争に突入するとは言っていないと強調した。また、イランは米国内で戦争するほどの軍事力を備えていないため、米国とイランの衝突がイラン国内にとどまるとの見方し、中東のほかの国を巻き込む可能性が低いと予測した。

このほか、専門家は、米国では今年、大統領選挙を控えているため、トランプ米大統領が中東問題の複雑化を望んでいないと強調。また、米国とイランの国力や軍事力の格差が大きいため、戦争まで発展する可能性が低いとの見方を示した。専門家の間では、米国とイランの対立は政治と外交問題にとどまるとの見方が優勢になっている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below