February 26, 2020 / 1:43 AM / 5 months ago

【中国の視点】G20:新型コロナの対応協力で一致、金融緩和スタンスは鮮明


*10:34JST 【中国の視点】G20:新型コロナの対応協力で一致、金融緩和スタンスは鮮明
20カ国(G20)財務大臣・中央銀行総裁会議は23日にサウジアラビアのリャドで閉幕した。この会合では、新型コロナウイルスの感染拡大への対応について、G20の財務大臣・中央銀行総裁は積極的な協力姿勢を示している。

また、国際通貨基金(IMF)クリスタリナ・ゲオルギエバ専務理事は22日、中国当局が新型肺炎の感染拡大を押さえ込むための一連の努力を評価し、中国当局が流動性の供給など積極的な金融・財政の支援策を打ち出していることが正しいとの見方を示した。

世界保健機関(WHO)はこのほど、新型肺炎の感染拡大が中国以外の国・地域で広がっているが、各国の協力且つ適切に対応すれば、抑えることが可能だとの見方を示した。

また、20カ国の財務大臣・中銀総裁らも、貿易や旅行産業など新型肺炎の感染拡大で悪影響を受けやすい業種について、救済策を検討する姿勢を示した。IMFは、IMFの加盟国の中の最貧国や財政が脆弱な国に対し、債務の減免などを計画していることも明らかにした。

中国のエコノミストは、新型肺炎の感染拡大に伴う世界景気の後退懸念が高まっていることを受け、中国に追随してG20の金融緩和スタンスが鮮明になっていると指摘。また、世界景気が回復するまで各国の金融緩和が継続されるとの見方を示した。

なお、中国人民銀行(中央銀行)は2月17日、中期貸出制度(MLF)を通じ2000億元(約3兆1740億円)の資金を金融市場に供給したほか、20日に2月分の最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」(事実上の貸出基準金利)を引き下げた。また、LPRは今後も引き下げられると予測されている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below