for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク、印物流分野への出資を加速、フードデリバリー「swiggy」にも出資へ


*10:06JST ソフトバンク、印物流分野への出資を加速、フードデリバリー「swiggy」にも出資へ
ソフトバンク
9434はインドの物流分野への出資を加速しているもようだ。同社は傘下の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」を通じてインドのバンガロールに拠点を置くフードデリバリプラットフォーム大手スウィギー(Swiggy)に4億5000万米ドル(約485億円)を出資する計画だ。地元メディアが関係筋の話として報じた。

関係筋の話によると、スウィギーへの出資をめぐり、両社は大筋で合意に達しており、現在はインド競争委員会(日本の公正取引委員会に相当)の承認を待っている段階だという。ソフトバンク側は、スウィギーの資産を55億米ドルと評価している。

スウィギーは今年4月初め、計8億米ドルの資金調達計画を発表。ゴールドマン・サックス証券など機関投資家らはこの資金調達計画に参加したと報じられた。インドの人口13億人のうち、インターネットを利用できるのは約半数だといわれている。ただ、スマートフォンの普及や安い通信料金を背景に、ネット利用者は急増している。こうした背景を受け、今後はデリバリーなど物流サービスの利用者はこれからも右肩上がりで増加していくと予測されている。

なお、ソフトバンクは昨年5月、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」を通じてインドのオンライン食品小売りのグローファーズに2億米ドル超を出資したばかりだ。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up