for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド、個人による暗号資産の保有を禁止か


*10:35JST インド、個人による暗号資産の保有を禁止か
インド政府が個人による暗号資産の保有を禁止する可能性が高まっている。現地メディアによると、立法機関は関連案を作成しており、国会への提出を計画しているという。関連案の中では、個人の暗号資産の保有禁止やデジタル通貨に対する監視強化などが盛り込まれていると報じられた。

同案は今週から始まった国会に提出される予定となり、インド準備銀行(中央銀行)が主導するデジタル通貨(CBDC)の推進が目的だとみられている。

インド政府は2019年に一度個人の暗号資産の保有を禁止したが、2020年3月最高裁は同禁止令が違憲だと判断し、暗号資産の保有規制を解除した。

インドで取引されている暗号資産の市場規模は5月時点で約66億米ドルとなり、前年同月比で700%増加した。業界関係者は、これは一部にすぎないとみており、今後は多くの投資家が参入すると予測している。なお、インドの暗号資産の市場規模は統計対象となる154カ国のうち、11位に浮上している。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up