Reuters logo
マザーズ指数は6日ぶり反発、売り一巡後は押し目買い優勢、Gunosyなどストップ高
2016年10月17日 / 08:21 / 1年後

マザーズ指数は6日ぶり反発、売り一巡後は押し目買い優勢、Gunosyなどストップ高


*17:16JST マザーズ指数は6日ぶり反発、売り一巡後は押し目買い優勢、Gunosyなどストップ高
 本日のマザーズ市場では、前場は引き続き商いが低調ななか換金売り優勢となり、マザーズ指数も下押しする場面が見られた。しかし、後場に入ると主力株を中心に押し目買いが入ったほか、材料株や直近IPO銘柄の一角も一段高となり、マザーズ指数はプラスへと切り返した。なお、マザーズ指数は6日ぶり反発、売買代金は概算で808.37億円。騰落数は、値上がり130銘柄、値下がり88銘柄、変わらず7銘柄となった。マザーズ指数は25日線近くまで値を戻している。
 個別では、マザーズ売買代金トップのブランジスタ6176や、直近IPO銘柄のシルバーエッグ3961、材料の観測されたクラウドW3900が上昇率2ケタの大幅高となった。クラウドWは個人の知識や経験などをサービスと見立て、個人間で売買するCtoCマーケットプレイス「WoWme」の事前登録を開始した。また、マイネット3928が連日のストップ高となったほか、決算説明資料を受けて成長期待の高まったストライク6196や第1四半期決算が好感されたGunosy6047もストップ高まで買われた。その他売買代金上位ではFRONTEO2158、チェンジ3962、ミクシィ2121などが上昇した。一方、前週末に急伸したメタップス6172が利益確定売りに押されたほか、SOSEI4565、リファインバス6531、サイバーダイン7779などが小安い。SOSEIは引けにかけて下げ幅を縮めた。また、決算発表を受けて材料出尽くし感が広がった串カツ田中3547が一時ストップ安まで売られ、オークファン3674は会計監査人の異動を受けてストップ安比例配分となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below