Reuters logo
マザーズ指数は小幅反落、新興市場ではJASDAQ銘柄により関心向かう
2017年2月17日 / 09:39 / 9ヶ月前

マザーズ指数は小幅反落、新興市場ではJASDAQ銘柄により関心向かう


*18:29JST マザーズ指数は小幅反落、新興市場ではJASDAQ銘柄により関心向かう
 本日のマザーズ市場は、外部環境の悪化で売りが先行したものの、その後は日経平均がこう着感を強めるなかで中小型株に短期資金の物色が向かう形となり、下げ渋っていく展開になった。ただ、右肩上がりの上昇となったJASDAQ平均との比較では上値は重くなった。なお、マザーズ指数は小幅に反落、売買代金は概算で1061.28億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり108銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、エボラブルA6191が急落、東証1部昇格に向けた大株主の株式売却を発表で需給懸念が先行した。ユナイテッド2497も利食い売りに急落。アカツキ3932は反落で、マイネット3928、アライドアーキ6081、サイバーS3810は続落。一方、連日でマザーズ売買代金トップのアスカネット2438は続伸。SOSEI4565、Gunosy6047、サイバーダイン7779なども堅調。イグニス3689は新株予約権の割当予定先を巡って思惑も高まる。シンプロメンテ6086は乃村工藝社9716と資本業務提携で協議開始を受け急伸。タイセイ3359も菓子・パン作り専門サイト「cotta」への関心高まり大幅高。アンジェス4563、あんしん保証7183なども強い動き。
《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below