Reuters logo
マザーズ指数は続伸、外部環境の不透明感から資金向かう、DDSなど急伸
2017年3月29日 / 08:19 / 8ヶ月前

マザーズ指数は続伸、外部環境の不透明感から資金向かう、DDSなど急伸


*17:10JST マザーズ指数は続伸、外部環境の不透明感から資金向かう、DDSなど急伸
 本日のマザーズ市場は、他市場と比べ値動きの強さが目立った。外部環境の不透明感から大型株で様子見ムードが強まり、マザーズ銘柄に個人投資家の資金が向かった。実質新年度相場入りで個人投資家の期待が高まった面もあるようだ。前日と同様に直近で調整していた銘柄や出遅れ感のある銘柄が買われ、このところさえない展開だったテーマ株の一角にも物色が向かった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で909.18億円。騰落数は、値上がり194銘柄、値下がり25銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、マザーズ時価総額上位のSOSEI4565が5%高となり、指数を押し上げた。株価の出遅れ感に加え、様々な思惑も広がったようだ。その他売買代金上位では、GNI2160、ソレイジア・ファーマ4597、サイバーS3810、エボラブルA6191などが上昇。また、インターネット技術の標準化団体に加盟したDDS3782が14%高でマザーズ上昇率トップとなり、リネットジャパン3556、マルマエ6264、ブラス2424も10%超の大幅高となった。一方、直近IPO銘柄のティーケーピー3479がマザーズ売買代金トップで反落したほか、アスカネット2438、ミクシィ2121、ACCESS4813、シリコンスタ3907などがさえない。ただ、大きく売られる銘柄は限定的だった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below