Reuters logo
マザーズ指数は大幅反落、ファイズなど人気銘柄が値を崩す、IPOテモナ初値持ち越し
2017年4月6日 / 08:50 / 7ヶ月後

マザーズ指数は大幅反落、ファイズなど人気銘柄が値を崩す、IPOテモナ初値持ち越し


*17:49JST マザーズ指数は大幅反落、ファイズなど人気銘柄が値を崩す、IPOテモナ初値持ち越し
 本日のマザーズ市場では、これまで人気の高かった銘柄を中心に大きく値を崩した。米中首脳会談などの重要イベントを前に、日経平均は地政学リスクの高まりが意識されたことなどから一時300円を超える下落となった。相場全体の地合いの悪さから、新興市場でもリスク回避の売りが広がった。一部の材料株に物色が向かったものの、積極的な買いは限定的だった。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1119.12億円。騰落数は、値上がり14銘柄、値下がり222銘柄、変わらずなしとなった。マザーズ指数の下落率は一時3%を超え、節目の1000ptに迫る場面があった。
 個別では、直近IPO銘柄のファイズ9325がマザーズ売買代金トップで12%安と急反落。これまでEC物流関連として人気だった。ソレイジア4597、アスカネット2438、GNI2160、シャノン3976、WASHハウス6537などその他売買代金上位も全般軟調。ミクシィ2121やDDS3782は小幅に下げた。また、ファイズのほか夢展望3185、リンクバル6046、グレイス6541が10%超の下落となった。一方、SOSEI4565、ブランジスタ6176、JESHD6544、アイリッジ3917などが逆行高。SOSEIは英子会社のマイルストン受領、アイリッジは株式分割が材料視された。ブランジスタはゲームのアクセス集中による通信障害発生で、逆に期待感が高まったようだ。
 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したテモナ3985は買い気配のまま初値が付かなかった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below