Reuters logo
マザーズ指数は大幅反発、週明け中小型株に資金流入、アカツキなどストップ高
2017年4月17日 / 07:46 / 7ヶ月後

マザーズ指数は大幅反発、週明け中小型株に資金流入、アカツキなどストップ高


*16:44JST マザーズ指数は大幅反発、週明け中小型株に資金流入、アカツキなどストップ高
 本日のマザーズ市場は、週末の北朝鮮・故金日成主席生誕105周年記念日などを通過し、個人投資家の資金が中小型株に向かった流れから堅調な展開となった。日経平均が薄商いとはいえ小幅反発したことも支援材料となった。12-2月期決算などが物色の手掛かりとなったほか、下げ過ぎ感の意識された銘柄にも買いが入った。なお、マザーズ指数は大幅反発、売買代金は概算で1065.39億円。騰落数は、値上がり200銘柄、値下がり31銘柄、変わらず5銘柄となった。マザーズ指数は前週末14日の下落分を埋める形となった。
 個別では、サイバーS3810、メタップス6172、SOSEI4565、ファイズ9325、ミクシィ2121など売買代金上位は全般上昇。売買代金トップのソレイジア4597やTKP3479、力の源HD3561、うるる3979といった直近IPO銘柄は10%を超える大幅高となった。また、通期決算を発表したベイカレント6532や、主力ゲームの米国での好調が材料視されたアカツキ3932はストップ高まで買われた。一方、売買代金上位ではGunosy6047やGNI2160が逆行安。Gunosyは大幅増益決算ながら目先の材料出尽くし感から大きく売られ、マザーズ下落率トップとなった。上場後初の決算発表を行ったU&C3557も下げが目立った。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below