Reuters logo
マザーズ指数は4日続伸、小じっかり、アンジェスは7営業日続伸
June 16, 2017 / 10:42 AM / 6 months ago

マザーズ指数は4日続伸、小じっかり、アンジェスは7営業日続伸


*19:39JST マザーズ指数は4日続伸、小じっかり、アンジェスは7営業日続伸
 本日のマザーズ市場では、日銀の金融政策決定会合で海外経済と個人消費の判断を引き上げられたことを受け日経平均が堅調に推移したこともあり、週末ながら小じっかりとした動きとなった。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で1546.07億円。騰落数は、値上がり107銘柄、値下がり120銘柄、変わらず9銘柄となった。直近で強い動きをしていた仮想通貨関連やバイオ関連に引き続き関心が向かう格好となった。
 売買代金上位では、REMIX3825が年初来高値を更新。子会社のビットポイントジャパンが店舗決済サービスを拡充し、8月より仮想通貨「イーサリアム」の取り扱いを開始すると発表したことが好感されたようだ。また、アンジェス4563が7営業日続伸。遺伝子治療薬の申請観測報道が引き続き材料視された。一方で、トランスジェニック2342やSOSEI4565などはさえない展開となった。上昇率上位では、五輪水泳会場予定地で土壌汚染と伝わったことを受けて思惑買いが向かったエンバイオHD6092が28%超上昇したほか、GNI2160やIIF6545の上昇が目立った。下落率上位では、パス3840やホープ6195、ケアネット2150などの下落が目立った。
 なお、前日にマザーズ市場へ新規上場したビーブレイクシステムズ3986の初値は公開価格の約4.6倍となる7700円(公開価格1670円)となった。足元で高まるクラウドサービス関連の投資テーマということもあり、高い人気を集めた。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below