Reuters logo
マザーズ指数は続伸、UUUM上場に伴い、直近IPO銘柄の物色強まる
2017年8月30日 / 09:00 / 22日前

マザーズ指数は続伸、UUUM上場に伴い、直近IPO銘柄の物色強まる


*17:56JST マザーズ指数は続伸、UUUM上場に伴い、直近IPO銘柄の物色強まる
 本日のマザーズ市場では、朝方は米国市場や円安進行など外部環境の好転により、日経平均など主力処の上昇が確認されると、自律反発の動きが活発となった。一方で、依然として市場には北朝鮮による地政学リスクが残っており、資金の逃げ足の速さが意識される場面もみられたが、マザーズ時価総額上位銘柄の強い動きが相場を下支えした。また本日、UUUM3990のマザーズ市場への新規上場に伴い、直近IPO銘柄による短期的な値幅取りを狙った商いが目立った。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で735.53億円。騰落数は、値上がり105銘柄、値下がり117銘柄、変わらず17銘柄となった。
 マザーズ売買代金上位では、サイバーS3810やSOSEI4565、ミクシィ2121などが買われた。サイバーSは、前日行われた取締役会において、有償ストックオプション(新株予約権)の発行を決議した。一方で、アンジェス4563やインフォテリア3853、アカツキ3932などはさえない動きとなった。
 値上り率上位では、ビーブレイク3986のほか、アセンテック3565やソウルドアウト6553など直近IPO銘柄が大幅上昇となった。一方、値下り率上位には、弱い動きの目立つゲーム関連の一角であるAiming3911のほか、レノバ9519やスタジオアタオ3550などが並んだ。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below