Reuters logo
マザーズ指数は3日続伸、SOSEI急伸で投資家心理支える
2017年9月1日 / 10:19 / 3ヶ月後

マザーズ指数は3日続伸、SOSEI急伸で投資家心理支える


*19:10JST マザーズ指数は3日続伸、SOSEI急伸で投資家心理支える
 本日のマザーズ市場では、前日比小幅高でスタートとなり、上値を追う流れもみられたが、その後は一時利食い売りに押された。しかし、引けにかけて個人主体の押し目買いが入り、最終的には値を戻す展開となった。相場全体の地合いとしては、週末特有のポジション調整の動きに加え、米雇用統計などの海外指標発表を控えて主力処に模様眺めムードが高まった。そんななかで、値動きの軽さからマザーズ銘柄へ値幅取りを狙った物色が向かう場面が多く見られた。指数調整のタイミングで、SOSEI4565など時価総額上位銘柄の上昇が目立ち、投資家心理の下支え役となった。
 なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1051.61億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり123銘柄、変わらず7銘柄となった。
 マザーズ売買代金上位では、アルツハイマー治療薬候補の臨床試験開始でマイルストン受領が材料視されたSOSEIのほか、ユナイテッド2497や中村超硬6166などが買われた。一方で、インフォテリア3853やアカツキ3932、モブキャスト3664などはさえない動きとなった。値上り率上位では、韓国子会社が新仮想通貨取引所を開設すると報じられたメタップス6172のほか、エンバイオHD6092やメドレックス4586が大幅な上昇となった。一方の値下り率上位には、直近IPO銘柄であるUUUM3990のほか、GNI2160やケアネット2150などが並んだ。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below