Reuters logo
マザーズ指数は大幅続落、今年最大の下げ幅、メタップスなどストップ安
2017年9月5日 / 08:06 / 16日前

マザーズ指数は大幅続落、今年最大の下げ幅、メタップスなどストップ安


*17:03JST マザーズ指数は大幅続落、今年最大の下げ幅、メタップスなどストップ安
 本日のマザーズ市場では、引き続き北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの高まりが嫌気され、幅広い銘柄が売られた。相場全体の軟調地合いを背景に仕掛け的な売りが見られたほか、一部の銘柄では前日からの大幅下落で追い証を回避するための手仕舞い売りも広がったようだ。なお、マザーズ指数は大幅続落、売買代金は概算で1214.50億円。騰落数は、値上がり8銘柄、値下がり232銘柄、変わらずなしとなった。マザーズ指数の下げ幅は今年最大で、下落率は一時5%に達した。
 個別では、売買代金トップのメタップス6172やゲーム株のサイバーS3810がストップ安まで売られた。メタップスなどの仮想通貨関連銘柄は、中国の金融当局が「新規仮想通貨公開(ICO)」を禁止すると発表したことが弱材料視されたようだ。本日より信用規制が実施されたアセンテック3565のほか、中村超硬6166、エンバイオHD6092、グレイス6541なども下落率が2ケタに達した。その他売買代金上位はアカツキ3932、SOSEI4565、インフォテリ3853、アンジェス4563、GNI2160など全般軟調だった。一方、総医研2385は荒い値動きながら終値で5%高となった。このところの値動きの強さから物色が集中したようだ。上場後に下落が続いていた直近IPO銘柄のUUUM3990も反発した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below