Reuters logo
マザーズ指数は反落、売買代金は今年最低、インフォテリなどに物色
2017年9月7日 / 08:05 / 3ヶ月後

マザーズ指数は反落、売買代金は今年最低、インフォテリなどに物色


*17:02JST マザーズ指数は反落、売買代金は今年最低、インフォテリなどに物色
 本日のマザーズ市場は、米株高や日経平均の反発スタートが支援材料となり、前日からの買い戻しの流れを引き継いでスタートした。ただ、マザーズ指数は朝高後下げに転じ、軟調な展開となった。引き続き北朝鮮情勢に対する個人投資家の警戒感が強く、積極的な買いは限定的だった。1部市場やジャスダック市場におけるEV(電気自動車)関連などのテーマ株に資金が向かった面もあるようだ。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で659.79億円と今年最低だった。騰落数は、値上がり73銘柄、値下がり152銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、アカツキ3932、メタップス6172、ミクシィ2121、UUUM3990、サイバーS3810などが下落した。SOSEI4565は小幅安。また、エンバイオHD6092やGNI2160がマザーズ下落率上位に顔を出した。GNIなどは信用買い残が依然として高水準であることが重しとなったようだ。一方、マザーズ売買代金トップのインフォテリ3853は仮想通貨取引所を運営するテックビューロに追加出資すると報じられ、大きく買われる場面があった。その他売買代金上位では、総医研2385、JIA7172、アセンテック3565、アトラエ6194などがプラスを確保した。また、アクアライン6173、大泉製6618、ビーブレイク3986がマザーズ上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below