Reuters logo
マザーズ指数は反落、利食い売りの動き限られる、直近IPOのウォンテッドリーが下落
2017年9月20日 / 09:30 / 1ヶ月前

マザーズ指数は反落、利食い売りの動き限られる、直近IPOのウォンテッドリーが下落


*18:28JST マザーズ指数は反落、利食い売りの動き限られる、直近IPOのウォンテッドリーが下落
 本日のマザーズ市場では、前日の大幅上昇を受けて、寄付直後に利食い売りの動きとなった。北朝鮮情勢を巡る地政学リスクへの警戒感がいったん後退していることに加え、日経平均が年初来高値圏で推移していることなど堅調な外部環境を受けて、個人投資家の押し目買い意欲の強さが依然としてみられた。上値抵抗線として25日線が意識されており、上値は重たいものの、マザーズ指数の下げ幅は限定的となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で697.49億円。騰落数は、値上がり105銘柄、値下がり128銘柄、変わらず7銘柄となった。
 マザーズ売買代金上位では、メタップス6172やインフォテリア3853、エヌピーシー6255が上昇した。メタップスは、いちよし証券による「四半期ベースで利益確保が可能な体制になりつつある」との内容のレポートの公表が材料視された。一方で、直近IPO銘柄であるウォンテッドリー3991のほか、SOSEI4565や大泉製作所6618は下落している。値上がり率上位では、フォーライフ3477やソウルドアウト6553、レントラックス6045が大幅な上昇となった。レントラックスは、8月の月次業績が好感された。一方で、値下がり率上位には、キャリアインデックス6538やアトラエ6194、中村超硬6166などが並んだ。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below