Reuters logo
マザーズ指数は反落、主力大型株へと資金シフト、マルマエは急伸
2017年10月11日 / 08:08 / 10日前

マザーズ指数は反落、主力大型株へと資金シフト、マルマエは急伸


*17:01JST マザーズ指数は反落、主力大型株へと資金シフト、マルマエは急伸
 本日のマザーズ市場は反落となった。朝方は主力大型株の利食い売りが優勢となるなかで、マザーズ指数は買い先行でスタートした。しかし、その後は地政学リスクの後退や円安進行とともに日経平均が第2次安倍内閣発足後の最高値を超えて推移するなかで、新興市場から主力大型株へと投資家の資金シフトの目立つ展開となった。マザーズ指数は前日に大幅な上昇をした反動もあり、引けにかけて利益確定売りの動きに。一方で、直近IPO銘柄や好業績銘柄への物色は根強かった。
 売買代金は概算で1143.24億円。騰落数は、値上がり81銘柄、値下がり150銘柄、変わらず11銘柄となった。マザーズ売買代金上位では、連日の大幅続伸をみせていた直近IPO銘柄であるPKSHA3993やロードスター3482のほか、SOSEI4565などが売られる展開となった。一方で、メタップス6172のほか、テックポイント6697やMSコンサル6555などは上昇した。値下り率上位には、クラウドワークス3900やソーシャルワイヤー3929、ビーロット3452などが並んだ。一方で、値上り率上位では、マルマエ6264のほか、WASHハウス6537やマネーフォワード3994などが大幅上昇となった。マルマエは、17年8月期決算を発表している。営業利益は前期比56.5%増の7.64億円となり、従来予想(4.82億円)を上回って着地。18年8月期について2ケタ増益見通しを示したことなどが好感された。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below