February 13, 2018 / 7:51 AM / 5 months ago

マザーズ指数は大幅続落、警戒ムード根強く、プラッツはストップ高


*16:49JST マザーズ指数は大幅続落、警戒ムード根強く、プラッツはストップ高
 本日のマザーズ市場では、朝方こそ米株高を受けて反発期待の買いが先行したが、寄り付き直後を高値に失速する形となった。直近の株価乱高下により投資家の警戒ムードは根強く、ポジション手仕舞いの動きが続いた。マザーズ指数は前場にはマイナスへと転じ、後場に入ると日経平均の弱含みとともに下げ幅を広げた。なお、マザーズ指数は大幅続落、売買代金は概算で907.23億円。騰落数は、値上がり73銘柄、値下がり167銘柄、変わらず3銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金上位のGNI2160、DMP3652、PKSHA3993が大きく下落したほか、フィルカンパニー3267やSOSEI4565も軟調だった。PKSHAは第1四半期決算を発表しているが、サプライズなしと捉えられたようだ。同じく第1四半期決算を発表した直近IPO銘柄のみらいワークス6563や業績下方修正のレントラックス6045、通期決算発表のオンコリス4588はストップ安水準で本日の取引を終えた。一方、売買代金上位ではミクシィ2121が逆行高となり、サイバーダイン7779も小幅ながらプラスを確保した。株式分割実施を発表したプラッツ7813はストップ高。1月下旬から調整色を強めていたテンポイノベ3484や、東証1部への市場変更を発表した日本アクア1429も大幅高となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below