March 9, 2018 / 9:36 AM / 9 months ago

マザーズ指数は続伸、朝高後は手仕舞い売りで失速、エルテスなど急伸


*18:29JST マザーズ指数は続伸、朝高後は手仕舞い売りで失速、エルテスなど急伸
 本日のマザーズ市場では、米通商政策に対する懸念後退で日経平均が続伸スタートしたことにつれ、買いが先行した。しかし、日経平均が前場に一時500円を超える上昇となるなか、マザーズ指数は寄り付き直後を高値に伸び悩んだ。主力大型株への資金シフトに加え、米雇用統計の発表を控えた週末のため、ポジション手仕舞いの売りも出たようだ。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1008.87億円。騰落数は、値上がり161銘柄、値下がり67銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのメドピア6095、総医研2385、イグニス3689、メドレック4586などが上昇。ただ、メドピアなどは買い一巡後に失速した。一部報道を受けて無人レジ関連のサインポスト3996が大きく買われる場面もあった。また、ロードスター3482やエルテス3967は10%超の大幅高となった。エルテスは仮想通貨関連メディア運営のインロビと資本業務提携すると発表している。一方、前日買われた直近IPO銘柄のジェイテックコーポレーション3446は急反落。フィルカンパニー3267、サイバーダイン7779、ベイカレント6532なども下げた。また、イスラエル企業から導入した遺伝子治療薬の試験結果がマイナス視されたナノキャリア4571はストップ安となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below