March 12, 2018 / 9:38 AM / 7 months ago

マザーズ指数は3日ぶり小幅反落、朝高後は値を崩す場面も、ナノキャリア急伸


*18:31JST マザーズ指数は3日ぶり小幅反落、朝高後は値を崩す場面も、ナノキャリア急伸
 本日のマザーズ市場では、前週末の米株高や日経平均の大幅続伸が好感され、朝方は買いが先行した。しかし、国内政治リスクが警戒され、日経平均が上げ幅を縮めるとともにマザーズ指数も伸び悩む展開となった。上値の重さが嫌気されて値を崩す場面もあったが、下値では押し目買いが入り下げ渋った。なお、マザーズ指数は3日ぶり小幅反落、売買代金は概算で815.18億円。騰落数は、値上がり117銘柄、値下がり115銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、フィルカンパニー3267、メドピア6095、メドレック4586、GNI2160、DMP3652などが下落。第1四半期が大幅減益となったモルフォ3653は下げ目立つ。また、上期決算が計画下振れとなったスキー場開発6040、第1四半期決算を受けて材料出尽くし感が広がったイトクロ6049がマザーズ下落率上位に顔を出した。一方、マザーズ売買代金トップのジェイテックコーポレーション3446やUNITED2497、サンバイオ4592などが上昇し、総医研2385は小幅高となった。前週末に導入品の試験結果を受けてストップ安となったナノキャリア4571は急反発。一部証券会社が期待すべきなのは自社品と指摘している。また、第3四半期決算を発表したフィット1436がマザーズ上昇率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below