March 22, 2018 / 8:10 AM / 8 months ago

マザーズ指数は4日ぶり反発、やや戻り鈍く、IPO・SOUは堅調発進


*17:02JST マザーズ指数は4日ぶり反発、やや戻り鈍く、IPO・SOUは堅調発進
 本日のマザーズ市場は、引けにかけて買い優勢の展開となった。ただ、マザーズ指数はマイナス圏で推移する場面も多く、他の指数に比べ伸び悩んだ。米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過して日経平均は大幅反発したが、マザーズ指数は祝日前の20日に比較的底堅い動きを見せており、自律反発期待の買いは鈍かったようだ。また、主力株のさえない動きも指数を下押しした。反面、材料性のある中小型株が買われた。なお、マザーズ指数は4日ぶり反発、売買代金は概算で945.90億円。騰落数は、値上がり133銘柄、値下がり99銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、メディアS4824、HANATOUR6561などが上昇し、SOSEI4565は小幅高となった。フィルカンパニー3267は12%近い上昇。日本郵政6178が不動産子会社を設立するとの報道を受けて思惑買いが向かったようだ。バーチャレク6193やシルバーライフ9262も10%超の上昇となり、クロスマーケ3675は東証1部への市場変更を発表して大きく買われた。一方、神戸天然物化学6568、ミクシィ2121、サンバイオ4592などが下落。サンバイオは新株予約権発行による資金調達を発表し、希薄化懸念が先行した。また、日々公表銘柄に指定された富士マガ3138がマザーズ下落率トップとなった。
 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したSOU9270は公開価格を約24%上回る初値を付けた。公開規模の大きい案件ながら堅調発進となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below