April 6, 2018 / 10:32 AM / 4 months ago

マザース指数は大幅反落も、ブティックスは連日のストップ高


*19:27JST マザース指数は大幅反落も、ブティックスは連日のストップ高
 本日のマザーズ市場では、買い先行後にマイナスに転じ、下げ幅を1%超に拡大する展開になった。朝方にトランプ政権が1000億ドルの対中追加関税の検討と伝わり、為替相場も円高に振れたことで、小幅反落でスタートした日経平均の流れを受けて、マザーズ指数も買い先行直後にマイナスに転じた。直近IPO銘柄やテーマ株への物色はみられていたものの、マザーズ時価総額上位銘柄が軒並み弱い動きとなったことで、終日弱含む展開となった。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1015.48億円。騰落数は、値上がり59銘柄、値下がり181銘柄、変わらず6銘柄。
 売買代金上位では、連日のストップ高となった直近IPO銘柄のブティックス9272のほか、神戸天然物化学6568やSOU9270が大幅な上昇となった。SOUは、5日の大量保有報告書で、独立系の投資信託運用会社レオス・キャピタルワークスの保有割合が45万1800株(保有割合7.48%)に達する主要株主になったことが明らかになった。一方で、ビープラッツ4381やRPAホールディングス6572のほか、アジャイルメディア6573はさえない。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below