April 9, 2018 / 7:12 AM / 17 days ago

マザーズ指数は反発、日経平均の底堅さ追い風、直近IPOのRPAや和心に買い


*16:05JST マザーズ指数は反発、日経平均の底堅さ追い風、直近IPOのRPAや和心に買い
 本日のマザーズ市場では、6日の米株安を受けて売りが先行してスタートした。このところ活況を見せていた直近IPO銘柄を中心に利益確定の売りが広がった。ただ、日経平均が底堅く推移したことで、マザーズ市場でも買い戻しや下値を拾う動きが出た。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で761.85億円。騰落数は、値上がり132銘柄、値下がり107銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のRPA6572がマザーズ売買代金トップで急反発。後場に入るとDIT3916との提携で新サービスと開始すると報じられ、一段高となった。その他ではロコンド3558、TKP3479、フィルカンパニー3267などが上昇。目先の下げ止まり感から物色が向かった直近IPO銘柄の和心9271がマザーズ上昇率トップとなり、イオレ2334やファンデリー3137も上昇率上位に顔を出した。イオレは“ローカル”と“ソーシャル”の課題解決を応援するプロジェクトを開始すると発表している。一方、直近IPO銘柄のブティックス9272、神戸天然物化学6568、アジャイル6573などが下落し、UNITED2497やミクシィ2121もさえない。また、前週上場したビープラッツ4381は初値高騰による反動安でマザーズ下落率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below