April 16, 2018 / 7:38 AM / 5 months ago

マザーズ指数は大幅反落、直近IPO銘柄や決算発表銘柄が値を崩す


*16:32JST マザーズ指数は大幅反落、直近IPO銘柄や決算発表銘柄が値を崩す
 本日のマザーズ市場では、大きく値を崩す銘柄が多かった。このところの値動きの悪さに加え、シリア情勢を巡る地政学リスクや国内政治リスクの高まりなどを嫌気した売りが広がったようだ。決算発表を受けて売り込まれる銘柄も目立った。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で877.09億円。騰落数は、値上がり40銘柄、値下がり202銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのUNITED2497や直近IPO銘柄のHUMANAHD6575、ビープラッツ4381、アジャイル6573などが10%超の大幅安となった。また、ロコンド3558、サインポスト3996、SHIFT3697、フィルカンパニー3267はストップ安水準で本日の取引を終えた。フィルカンパニー以外の3社は前週末に決算発表している。その他、SOSEI4565、メディアS4824、RPA6572など売買代金上位は全般軟調だった。一方、直近IPO銘柄のSOU9270は決算が好感されて一時ストップ高を付けるなど大幅続伸した。売買代金上位ではベイカレント6532やミクシィ2121、サンバイオ4592も逆行高。また、今期増益見通しや株主優待導入が好感されたU&C3557、スイス子会社設立とICO(仮想通貨技術を使った資金調達)認可申請を発表したグローバルW3936は買い気配のままストップ高比例配分となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below