April 18, 2018 / 10:18 AM / 3 months ago

マザーズ指数は大幅反発、直近IPOのRPAホールディングスなどに関心向かう


*19:11JST マザーズ指数は大幅反発、直近IPOのRPAホールディングスなどに関心向かう
 本日のマザーズ市場では、これまでの下落を受けて、いったん自律反発の動きがみられる展開となった。本日は、米株高や円安の進展を背景とした日経平均の買い先行スタートに伴って、マザーズ指数もプラスでスタートした。その後も、地政学リスクの後退を受けた個人投資家による自律反発の狙いの買いも相まって上げ幅を引けにかけて拡大する展開となった。材料株や直近IPO銘柄のほか、幅広い銘柄に買い戻しが入る格好となり、マザーズ指数は5日線水準まで戻す格好に。なお、マザーズ指数は3日ぶり反発、売買代金は概算で918.96億円。騰落数は、値上がり187銘柄、値下がり52銘柄、変わらず9銘柄。
 値上り率上位には、パルマ3461やグローバルウェイ3936のほか、フィルカンパニー3267は2ケタの上昇となった。パルマは、日本郵政6178傘下のファンドとの資本提携発表が材料視された。売買代金上位では、アドバンストメディア3773やRPAホールディングス6572のほか、TKP3479が上昇した。一方で、メルカリ上場報道で材料出尽くし感の広がったユナイテッド2497のほか、SOU9270やそーせい4565がさえない動きとなった。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below