April 19, 2018 / 6:49 AM / 5 months ago

マザーズ指数は反落、警戒感根強く伸び悩み、直近IPOのSOU急落


*15:40JST マザーズ指数は反落、警戒感根強く伸び悩み、直近IPOのSOU急落
 本日のマザーズ市場では、前日からの流れを引き継いで買いが先行した。日米首脳会談を無事通過したとの見方から日経平均が続伸スタートし、中小型株についても目先の安心感につながったようだ。ただ、マザーズ指数が5日線を上回る水準では利益確定の売りも出て、朝高後は軟調に推移した。引き続き国内外のリスク要因に対する個人投資家の警戒感は強いもよう。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で764.40億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり127銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のSOU9270がマザーズ売買代金と下落率でトップとなった。今月上旬に付けた高値を抜けられず、上げ一服感から売りがかさんだようだ。前日にメルカリ上場観測報道を受けて売られたUNITED2497は本日も軟調。SOSEI4565はリリースを受けて買いが先行したものの、小安い水準で本日の取引を終えた。その他、ビープラッツ4381、ミクシィ2121、サンバイオ4592などが下落した。一方、SHIFT3697、ロコンド3558、メディアS4824などが上昇。ロコンドは衣料品通販サイト中堅のマガシークと相互出店に乗り出すなどと報じられ、後場急伸した。日本郵便四国支社と業務委託契約を締結した農業総合研究所3541は買い気配が続きストップ高比例配分。また、グローバルW3936は4日連続のストップ高、パルマ3461は2日連続で買い気配のままストップ高比例配分となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below