April 23, 2018 / 9:13 AM / 5 months ago

マザーズ指数は小幅続伸、商い低調、IPOのHEROZは2日目も初値持ち越し


*18:08JST マザーズ指数は小幅続伸、商い低調、IPOのHEROZは2日目も初値持ち越し
 本日のマザーズ市場では、主力株の一角で買い戻し優勢となり、個別材料を手掛かりに値を飛ばす銘柄も見られた。ただ、前週末までの株価上昇を受けて利益確定売りや戻り待ちの売りに押される銘柄も多かった。株式市場全体として決算発表シーズンを前に模様眺めムードが強く、東証1部のマネックスG8698やエムアップ3661に個人投資家の物色が向かったこともあり、マザーズ市場の商いは低調だった。なお、マザーズ指数は小幅続伸、売買代金は概算で592.47億円。騰落数は、値上がり109銘柄、値下がり130銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、パルマ3461がマザーズ売買代金トップ。本日は制限値幅が拡大されていたが、結果的にストップ高水準まで買われた。日本郵政6178グループとの提携が期待材料となっている。エムアップ3661子会社のVR(仮想現実)事業で協業すると発表したJストリーム4308は買い気配のままストップ高比例配分。配当方針変更を発表したベイカレント6532も大きく買われた。その他、SOSEI4565、ドリコム3793、メディアS4824、バーチャレク6193、サイバーダイン7779などが上昇した。一方、UNITED2497やミクシィ2121が小安いほか、SOU9270、マネーフォワード3994、ロコンド3558などが下落。また、直近で上昇の目立ったグローバルW3936や農業総合研究所3541が本日は利益確定売りに押され、マザーズ下落率上位に顔を出した。
 なお、上場2日目のHEROZ4382は買い気配のまま初値が付かなかった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below