June 7, 2018 / 7:53 AM / 2 months ago

マザーズ指数は5日ぶり大幅反発、外部環境追い風に反発、総医研がストップ高


*16:45JST マザーズ指数は5日ぶり大幅反発、外部環境追い風に反発、総医研がストップ高
 本日のマザーズ市場は、6日の米株高や1ドル=110円を超えて推移する為替市場における円安進行を背景に日経平均が上げ幅を拡大するなかで、時価総額上位銘柄中心に自律反発の流れとなった。メルカリ4385などの注目度の高いIPOを控えた換金売りの思惑から前日まででマザーズ指数は4日続落し、連日年初来安値を更新するなどの弱さが目立っていたが、外部環境を背景に足元で売りこまれていた銘柄に買い戻しの動きがみられた。なお、マザーズ指数は5日ぶり大幅反発、売買代金は概算で737.76億円。騰落数は、値上がり196銘柄、値下がり48銘柄、変わらず6銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄には、ブラックロックの株式保有が明らかになった総医研ホールディンクス2385のほか、エムビーエス1401やメドレックス4586などが並びそれぞれストップ高比例配分となった。メドレックスは、神経疼痛治療薬で生物学的同等性示す臨床試験結果が得られたと発表し、2020年の新薬承認申請計画への期待が高まった。売買代金上位には、ミクシィ2121やサンバイオ4592、そーせい4565などの時価総額上位銘柄が揃って堅調な推移となった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below