June 15, 2018 / 8:08 AM / 5 months ago

マザーズ指数は反発、物色活発だが指数伸び悩み、NPCなどストップ高


*17:01JST マザーズ指数は反発、物色活発だが指数伸び悩み、NPCなどストップ高
 本日のマザーズ市場では、反発期待の買いが先行した。為替の円安や日経平均の反発スタートを背景に投資家心理が持ち直した。決算などを手掛かりに大きく値を飛ばす銘柄も多かった。しかし、週末要因に加え、米中貿易摩擦など外部環境の不透明感に対する警戒感も根強く、マザーズ指数は朝方の買いが一巡すると伸び悩んだ。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で789.97億円。騰落数は、値上がり120銘柄、値下がり126銘柄、変わらず4銘柄となった。
 個別では、NPC6255がマザーズ売買代金トップでストップ高。ソフトバンクG9984がインドで太陽光発電事業に投資との報道を受けて思惑買いが向かったようだ。トヨタ自7203との提携効果に対する期待が再燃したALBERT3906、一部証券会社の高評価付与が観測されたアルファポリス9467もストップ高水準で本日の取引を終えた。その他、決算が好感されたラクスル4384に加え、UNITED2497、ビープラッツ4381、中村超硬6166、AMI3773などが上昇した。ミクシィ2121は小高い。一方、すららネット3998、DMP3652、ドリコム3793などが下落。決算がネガティブ視されたバリューゴルフ3931やMマート4380は大きく売られ、マザーズ下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below