June 22, 2018 / 9:53 AM / 3 months ago

マザーズ指数は反落、外部環境の悪化を受ける、昨日IPOのZUUの初値は5550円


*18:45JST マザーズ指数は反落、外部環境の悪化を受ける、昨日IPOのZUUの初値は5550円
 本日のマザーズ市場では、米中貿易摩擦への懸念やイタリア政局不安から欧州株が全面安となった流れを引き継ぎ、日経平均が下落する流れを受けて売りが波及した。また、19日上場のメルカリ4385が5%超の下落となったほか、時価総額上位銘柄が軒並み下落したことも個人投資家のセンチメントを悪化させる一因となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1087.25億円。騰落数は、値上がり54銘柄、値下がり193銘柄、変わらず5銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、キャリア6198やシリコンスタジオ3907が2ケタを超える下落率となったほか、グローバルウェイ3936やビート9399なども並んだ。売買代金上位では、19日上場のメルカリが軟調なほか、時価総額上位銘柄のミクシィ2121やユナイテッド2497、そーせい4565がさえない展開となった。ミクシィは、一部メディアによって森田仁基社長ら3人を書類送検したことが報じられたことが嫌気される格好となった。一方で、20日に上場したログリー6579や駅探3646は逆行高となった。
 なお、上場2日目となるZUU4387は公開価格比3.5倍となる5550円で初値を付けたほか、本日上場のライトアップ6580の初値は公開価格を32.1%上回る3725円となった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below