June 28, 2018 / 9:16 AM / 5 months ago

マザーズ指数は3日ぶり反落、外部環境から押し目拾いの動きも、ミクシィなどが指数の重し


*18:13JST マザーズ指数は3日ぶり反落、外部環境から押し目拾いの動きも、ミクシィなどが指数の重し
 本日のマザーズ市場は、全般売り先行スタートとなったが、後場にかけて円高一服やアジア株の堅調推移を受けて、日経平均が切り返しをみせるなか、マザーズ銘柄にも押し目拾いの動きが出る展開となった。しかし、メルカリ4385やミクシィ2121、CYBERDYNE7779など時価総額上位銘柄の下落が重しとなり、プラスに転じるには至らなかった。なお、マザーズ指数は3日ぶり反落、売買代金は概算で955.88億円。騰落数は、値上がり57銘柄、値下がり191銘柄、変わらず6銘柄となった。
 売買代金上位銘柄では、直近IPOのメルカリ4385やプロパティデータバンク4389、ログリー6579のほか、ユナイテッド2497やミクシィ2121、サンバイオ4592などの時価総額上位銘柄が全般軟調となった。一方で、アイ・ピー・エス4390やALBERT3906、ソレイジア4597などは堅調であった。ソレイジアは、中国の医薬品審査評価センターから、開発品SP-01(抗悪性腫瘍薬投与に伴う悪心・嘔吐を適応症とするグラニセトロン経皮吸収型製剤)の新薬承認にかかる審査完了及び中国国家医薬品監督管理局への承認上程につき通知を受けたと発表している。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below