June 29, 2018 / 8:53 AM / 3 months ago

マザーズ指数は大幅反発、外部環境を背景に買い戻し、アマナが急騰


*17:46JST マザーズ指数は大幅反発、外部環境を背景に買い戻し、アマナが急騰
本日のマザーズ市場では、前日の米国株式市場で、ナスダック総合指数やSOX指数がともに反発するなどといった外部環境を背景にマザーズ銘柄も買い戻された。また、後場に入ると欧州連合(EU)首脳会議で移民問題について合意したことが伝わり、円相場の下落とともに個人投資家のマインドも改善し、一段高の展開となった。なお、マザーズ指数は大幅反発、売買代金は概算で972.99億円。騰落数は、値上がり175銘柄、値下がり74銘柄、変わらず6銘柄となった。

値上がり上位銘柄では、サインポスト3996が18%超の上昇となったほか、アイ・ピー・エス4390やサンバイオ4592、アマナ2402なども2ケタ上昇となった。アマナは、連結子会社がサイバーエージェント4751と合弁会社を設立すると発表したことが材料視された。売買代金上位銘柄では、ユナイテッド2497、ホットリンク3680、OTS4564が上昇。OTSは、知的財産権を保有する抗FZD10抗体に関連する研究結果について、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構が報道発表している。一方で、メルカリ4385やZUU4387、エーアイ4388などは軟調。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below