July 2, 2018 / 9:34 AM / 20 days ago

マザーズ指数は大幅反落、全体相場のマインド悪化で後場一段安


*18:27JST マザーズ指数は大幅反落、全体相場のマインド悪化で後場一段安
 本日のマザーズ市場では、米国株高や円安傾向など良好な外部環境を映して買いが先行。しかし、貿易摩擦問題の行方を見極めたいとのムードに加え、8時50分に発表された日銀短観4-6月期調査で大企業製造業DIが市場予想を下回ったこともあり、日経平均が冴えない動きとなったことでマザーズ指数もマイナス転換。後場には、メキシコ大統領選の結果を受けた米株価指数先物の下落や中国などアジア株の下落を受けて全体相場のマインドが悪化、マザーズ指数も同様に一段安の展開となった。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1031.00億円。騰落数は、値上がり49銘柄、値下がり202銘柄、変わらず4銘柄となった。
 売買代金上位では、ZUU4387やips4390を筆頭に、ラクスル4384、ログリー6579、HEROZ4382など直近IPO銘柄が揃って大幅高。その他、フリークHD6094は、東証の本則市場への変更を申請したと発表したことが材料視され、シェアリングT3989は大幅に4日続伸で上場来高値を更新。一方、オンコリス4588はストップ安。第三者割当で新株予約権2万2000個(潜在株式数220万株)を発行すると発表し希薄化懸念が広がった。そーせい4565、GNI2160などその他のバイオ株も総じて売りに押された。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below