August 21, 2018 / 7:25 AM / a month ago

マザーズ指数は続落、円高嫌気で手がけにくい、グレイスが急落


*16:22JST マザーズ指数は続落、円高嫌気で手がけにくい、グレイスが急落
 本日のマザーズ指数は続落。トランプ米大統領による発言を受けて、ドル円相場が6月下旬以来約2カ月ぶりに1ドル=109円台後半へと円高方向に振れたことが嫌気され、朝方からマザーズ銘柄を手がけにくい地合いとなった。その後は、堅調な中国株の推移を受けて全般に買い戻しの動きもみられたが、米中の次官級による通商協議など米国での重要イベントを前にした模様眺めムードが強く、物色としては値動きの軽い低位株や好業績銘柄に対する見直し買い程度に留まる展開となった。なお、売買代金は概算で966.37億円。騰落数は、値上がり75銘柄、値下がり179銘柄、変わらず7銘柄となった。
 値下がり率上位では、ジーンテクノサイエンス4584のほか、シェアリングテクノロジー3989やフィルカンパニー3267が大幅安に。売買代金上位銘柄では、サイバーダイン7779が変わらずを挟んで7日続落となったほか、グレイス6541やALBERT3906、UUUM3990、フィンテックグローバル8789が軟調。グレイスは、8月27日付でマザーズから東証1部に市場変更されることになったと発表したが、7月に市場変更申請を行ったことは公表済みであったことから材料出尽くし感が広がった。一方で、エクストリーム6033やダブルスタンダード3925が13%を超える上昇となったほか、モブキャスト3664やサンバイオ4592、そーせい4565は堅調であった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below