December 3, 2018 / 8:22 AM / 8 days ago

マザーズ指数は7日続伸、米中貿易摩擦懸念後退でマインド改善


*17:19JST マザーズ指数は7日続伸、米中貿易摩擦懸念後退でマインド改善
 本日のマザーズ指数は7日続伸となった。市場全体の関心が強かった米中首脳会談において、条件付きで米国が中国への追加関税を90日間猶予すると決め、貿易戦争の激化をひとまず回避した格好となった。これを好感する流れから、本日は主力市場及び新興市場では揃って買いが先行する展開に。その後も中国などのアジア株高も追い風となって、終日強い値動きが続いた。なお、マザーズ指数は7日続伸、売買代金は概算で911.66億円。騰落数は、値上がり171銘柄、値下がり83銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、三菱UFJ銀行との間でコミットメントライン契約締結したと発表し、上場来高値を更新したサンバイオ4592がマザーズ売買代金トップにランクイン。また、オイシックス3182が13%超の上昇、前週末に12%安となっていたALBERT3906も買い戻しの動きが強まった。シリコンスタ3907は、ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3(エビス3)」が、任天堂7974が販売するNintendo Switch向けゲームソフト「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ」と「ポケットモンスター Let's Go! イーブイ」に採用されたと発表し後場に急伸。その他、イーソル4420やアクリート4395など直近IPO銘柄の一角にも物色が見られた。一方、RPA6572、エクストリーム6033、ロコンド3558、アクトコール6064などが売りに押される展開に。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below