January 23, 2019 / 6:48 AM / a month ago

マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、寄り付き後にプラスに転じる展開、サイバーダインが急伸


*15:41JST マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、寄り付き後にプラスに転じる展開、サイバーダインが急伸
 本日のマザーズ指数は3日ぶりの大幅反発となった。連休明け22日の米株式市場でNYダウが5日ぶりに反落となるなか、朝方のマザーズ市場には売りが先行した。その後、日経平均がプラスに転じる場面もみられるなか、個人投資家による押し目買い意欲はマザーズ銘柄にも向かい、指数も寄り付き後にプラスに転じる格好となった。また、指数インパクトの大きい銘柄の一角が材料を伴って強い動きになるなか、直近IPO銘柄に対する短期資金流入もみられ、指数を押し上げる格好に。なお、売買代金は概算で1291.05億円。騰落数は、値上がり150銘柄、値下がり117銘柄、変わらず7銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、富士通コミュニケーションサービスとの業務提携を発表したシャノン3976がストップ高比例配分になり、一部メディアによって「買収や出資に関心を持つ複数の中国企業が接触していることが分かった」と報じられたGオイスター3224や直近IPO銘柄のAmazia4424がストップ高となったほか、AmidAホールディングス7671や自律制御システム研究所6232などもそれに続いた。売買代金上位では、動脈硬化や不整脈の小型検査装置の量産開始報道を材料視されたサイバーダイン7779のほか、UUUM3990、サンバイオ4592、エコモット3987、ベルトラ7048、そーせい4565が上昇。一方で、オンコリス4588、エクストリーム6033、ALBERT3906、メルカリ4385などは軟調。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below