February 12, 2019 / 9:02 AM / 5 months ago

マザーズ指数は3日ぶり反発、好業績銘柄への物色が活発に、オンコリスがストップ高


*17:46JST マザーズ指数は3日ぶり反発、好業績銘柄への物色が活発に、オンコリスがストップ高
 本日のマザーズ指数は3日ぶり反発となった。為替相場が1ドル=110円台半ばまで円安が進んだことなどから、日経平均が一時前週末比500円超上昇したため、投資家のリスク許容度が高まり、買い戻しの動きが広がった。また、米中首脳会談の開催への期待感に加え、米政府機関閉鎖回避を目的に米与野党がメキシコ国境の「フェンス」建設費を盛り込んだ予算案で基本合意に達したことも先行き不透明感の解消に繋がり、買い安心感を誘う格好になった。物色としては、決算を受けた好業績銘柄のほか、悪材料出尽くしの動きが優勢となる銘柄が目立った。なお、売買代金は概算で1006.63億円。騰落数は、値上がり172銘柄、値下がり89銘柄、変わらず13銘柄となった。
 値上がり率上位では、ソフトマックス3671やDDS3782、オンコリス4588などがストップ高となった。オンコリスは、18年12月期営業損益が12億円の赤字となったが、発行可能株式総数の増加を受けた思惑買いが向かう格好に。売買代金上位では、UUUM3990、メルカリ4385、アンジェス4563、そーせい4565、ミクシィ2121などが上昇。一方で、サンバイオ4592、JIA7172、CRI・ミドルウェア3698、Kudan4425などは軟調。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below