February 21, 2019 / 7:35 AM / 3 months ago

マザーズ指数は4営業日続伸、バイオ関連がけん引、アンジェスはストップ高比例配分


*16:31JST マザーズ指数は4営業日続伸、バイオ関連がけん引、アンジェスはストップ高比例配分
 21日のマザーズ指数は、バイオ関連物色が活況になり、4営業日続伸となった。一部メディアにて、遺伝子治療薬「コラテジェン」が厚生労働省の専門家会議で薬事承認の手続きに基づき承認されるとの報道のあったアンジェス4563のほか、後述する材料のあったソレイジア4597やそーせい4565を中心にバイオ関連に個人投資家による関心が向かうなか、サンバイオ4592も強い動きをみせて指数を押し上げた。また、米国と中国が貿易協議の決着に向けた、知的財産権保護や為替などに関する6つの覚書を作成しているとの報道が伝わり始めると、後場にかけて一段の上昇となった。なお、売買代金は概算で1172.24億円。騰落数は、値上がり127銘柄、値下がり134銘柄、変わらず11銘柄となった。
 値上がり率上位では、前述の通り報道のあったアンジェスがストップ高比例配分となり、中国で疼痛緩和口腔用液「エピシル」の医療機器輸入販売承認を取得したことを発表したソレイジアがストップ高水準まで買い進まれたほか、レアジョブ6096やKudan4425が2ケタ上昇となった。売買代金上位では、サンバイオが6%を超える上昇となったほか、メルカリ4385、フーバーブレイン3927、リネットジャパン3556、内分泌疾患治療対象の新規低分子HTL0030310で第1相臨床試験開始したことを明らかにしたそーせいも上昇。一方で、ベルトラ7048、UUUM3990、オンコリス4588、フィンテックグローバル8789は軟調。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below