April 9, 2019 / 7:57 AM / 12 days ago

マザーズ指数は3日続伸、バイオ物色下支え、前日IPOヴィッツは初値2.3倍


*16:54JST マザーズ指数は3日続伸、バイオ物色下支え、前日IPOヴィッツは初値2.3倍
 9日のマザーズ指数は小幅ながら3日続伸となった。前日の米株式市場においてハイテク株比率の高いナスダック総合指数が続伸した流れを引き継ぎ、東京市場でもテクノロジー関連の多いとされるマザーズ市場には朝方から買いが先行した。その後は、前日の取引時間中に外傷性脳損傷を対象疾患として開発を進めている再生細胞薬「SB623」が厚生労働省から「先駆け審査指定制度」の対象品目の指定を受けることになったと発表したサンバイオ4592に利益確定の動きがみられると、マザーズ指数も一時マイナスに転じる場面があった。一方で、同社以外の指数インパクトの大きいバイオ関連中心に引き続き関心が向かう地合いが継続したことから、大引けにかけてのマザーズ指数は前日終値を挟んでの動きが続いた。なお、売買代金は概算で1494.03億円。騰落数は、値上がり101銘柄、値下がり166銘柄、変わらず12銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、サイジニア6031やオンコリス4588がストップ高比例配分となったほか、大引けにかけてストップ高水準まで買い進まれたASJ2351やキャンバス4575などが上位に並んだ。オンコリスは、中外製薬4519と資本業務提携契約締結したことなどが材料視された。売買代金上位では、アンジェス4563、窪田製薬ホールディングス4596、メルカリ4385、Amazia4424、マネーフォワード3994などが上昇。一方で、サンバイオ、シリコンスタ3907、ギークス7060、CRI・ミドルウェア3698は軟調。
 なお、前日にマザーズ市場に上場したヴィッツ4440の初値は公開価格の約2.3倍となる6100円になり、初値形成時の出来高は31万900株であった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below