May 10, 2019 / 8:02 AM / 15 days ago

マザーズ指数は3日続落、決算嫌気でメルカリが急落


*16:59JST マザーズ指数は3日続落、決算嫌気でメルカリが急落
 10日のマザーズ指数は3日続落となった。前日の米国市場において、主要3指数が揃ってマイナスとなるなか、本日のマザーズ市場には朝方から売りが先行した。米中貿易摩擦への期待感を背景に中国株が上昇スタートを切ったことを受け、マザーズ指数は上昇に転じる場面がみられた。その後は、日本時間13時01分に実施された2000億ドル(約22兆円)分の中国製品への制裁関税発動や週末要因の利益確定の動きの動きなども相まって、プラス圏確保とはならなかった。なお、売買代金は概算で969.32億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり131銘柄、変わらず7銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、CRI・ミドルウェア3698が18%安となり、値下がり率トップとなったほか、日本動物高度医療センター6039やアイペット損害保険7323などがそれに続いた。売買代金上位では、前日大引け後に19年6月期第3四半期決算にて営業赤字幅の拡大が確認されたメルカリ4385が5%安となったほか、サンバイオ4592、シノプス4428、トビラシステムズ4441、マネーフォワード3994、窪田製薬ホールディングス4596が軟調。一方でユナイテッド2497、オンコリス4588、日本ホスピス7061、アンジェス4563、チームスピリット4397、カオナビ4435は上昇。ユナイテッドは、19年3月期の営業利益を前期比572.5%増の110.84億円と発表したほか、70万株(10.00億円)を上限とする自社株買いを実施することを明らかにした。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below