May 14, 2019 / 7:26 AM / 12 days ago

マザーズ指数は5日続落、リスク回避の売り先行、総医研ストップ高


*16:21JST マザーズ指数は5日続落、リスク回避の売り先行、総医研ストップ高
 本日のマザーズ市場は、売りが先行し軟調な展開だった。13日の米国市場でNYダウが617ドル安と今年2番目の下げ幅を記録し、本日のマザーズ市場ではリスク回避目的の売りが広がった。マザーズ指数は朝方に850pt近辺まで下落する場面があった。米中通商協議を巡るトランプ米大統領の楽観的な発言が伝わると、マザーズ指数は日経平均とともに下げ渋ったが、本日の始値近辺で戻り一服となった。なお、マザーズ指数は5日続落、売買代金は概算で1010.66億円。騰落数は、値上がり80銘柄、値下がり196銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ4385やサンバイオ4592が軟調。決算発表のログリー6579やリネットジャパン3556は急落し、中国子会社で不適切な会計処理の疑いがあると公表したMTG7806も売りがかさんだ。また、BS3623やロジザード4391、遺伝子治療薬の発売延期を発表したアンジェス4563はストップ安水準まで売られた。一方、オンコリス4588やALBERT3906は反発。決算が評価された弁護士コム6027は急伸し、グッドスピード7676と総医研2385はストップ高水準で取引を終えた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below