June 25, 2019 / 7:36 AM / a month ago

マザーズ指数は反落、トランプ発言や円高嫌気、IPOインフォネットの初値は2.3倍


*16:31JST マザーズ指数は反落、トランプ発言や円高嫌気、IPOインフォネットの初値は2.3倍
 本日のマザーズ指数は反落となった。米中摩擦の緩和期待と中東情勢を巡る地政学リスクの高まりなどといった強弱感の対立するなか、朝方からマザーズ市場は前日終値水準でもみ合う展開となった。その後は、トランプ米大統領による日米安全保障条約に関する発言報道や1ドル=106円台後半まで進んだ円高を受けて、個人投資家によるリスク回避の姿勢も次第に強まった。大引けにかけて下値を拾う動きもみられたものの、戻りは限定的であった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で921.05億円。騰落数は、値上がり86銘柄、値下がり183銘柄、変わらず17銘柄となった。
 値下がり率上位では、前週末に上場したブランディングテクノロジー7067が16%安となったほか、マーケットエンタープライズ3135やイーエムネットジャパン7036は2ケタ下落に。売買代金上位では、インパクトホールディングス6067、HEROZ4382、Sansan4443、オンコリス4588、Kudan4425、サンバイオ4592が軟調。一方で、モルフォ3653が5%高になったほか、そーせい4565、アイ・ピー・エス4390、バルテス4442は上昇。
 なお、本日マザーズ市場に上場したインフォネット4444の初値は公開価格の約2.3倍となる3430円となり、初値形成時の出来高は43万8500株であった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below