June 27, 2019 / 7:14 AM / in 3 months

マザーズ指数は3日ぶり反発、IPO新日本製薬の初値は1664円


*16:05JST マザーズ指数は3日ぶり反発、IPO新日本製薬の初値は1664円
27日のマザーズ指数は3日ぶり反発となった。前日の米国株式市場が高安まちまちとなるなか、マザーズ市場は朝方から底堅いスタートを見せた。その後は、いったん利食い売りの動きもあったものの、大引けにかけてマザーズ指数は値を戻す展開となった。前場から香港メディアによって米中貿易戦争は一時休戦と伝わったことで、為替市場で円安・ドル高が急速に進み、個人投資家のセンチメントを好転させた。そのほか、中国・上海総合指数をはじめとしたアジア株式市場が堅調な動きとなったことで、マザーズ銘柄に対しても短期資金が向かいやすい地合いとなった。なお、売買代金は概算で894.11億円。騰落数は、値上がり138銘柄、値下がり136銘柄、変わらず11銘柄となった。値上がり率上位銘柄では、13%高となったメドレックス4586がトップになったほか、カオナビ4435や一家ダイニング9266などがそれに続いた。売買代金上位では、インパクトホールディングス6067、モルフォ3653、HEROZ4382、メルカリ4385、チームスピリット4397、Sansan4443が上昇。一方で、そーせい4565、自律制御システム研究所6232、インフォネット4444、リボミック4591、ラクスル4384、TKP3479は軟調であった。なお、本日マザーズ市場に上場した新日本製薬4931の初値は公開価格を13.2%上回る1664円となり、初値形成時の出来高は223万7000株だった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below