July 5, 2019 / 7:22 AM / in 3 months

マザーズ指数は続伸、円高一服で短期資金向かう、IPOフィードフォースは初値持ち越し


*16:19JST マザーズ指数は続伸、円高一服で短期資金向かう、IPOフィードフォースは初値持ち越し
 5日のマザーズ指数は続伸となった。4日の米株式市場が独立記念日の祝日のため休場となり、手掛かり材料に乏しいなかで、本日のマザーズ市場は朝方から利益確定売りが先行した。しかしその後、為替市場で円高・ドル安が一服し、やや円安方向に振れるなか、個人投資家のセンチメントが改善し、次第にマザーズ銘柄に対する買いが優勢となった。これにより、マザーズ指数は大引けにかけて一段高の展開へ。なお、売買代金は概算で887.64億円。騰落数は、値上がり145銘柄、値下がり132銘柄、変わらず13銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、「セブンペイ」の不正利用で2段階認証広がるとの思惑買いの向かったアクリート4395が値上がり率トップとなったほか、ビリングシステム3623やイノベーション3970がそれに続いた。売買代金上位銘柄では、新日本製薬4931、そーせい4565、インパクトホールディングス6067、アクトコール6064、JIG-SAW3914、メドレックス4586が上昇。メドレックスは、米国で開発中の帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBT(リドカインテープ剤)について、米食品医薬局から要求されている新薬承認申請までに必要な臨床試験の一つである貼付力評価試験を実施したと発表している。一方で、HEROZ4382、UUUM3990、Kudan4425、キャンバス4575、アンジェス4563は軟調。
 なお、本日マザーズ市場に新規上場したフィードフォース7068は買い気配のまま初日の取引を終えた。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below