July 23, 2019 / 7:21 AM / a month ago

マザーズ指数は反発、朝方の買い一巡後は上値重い、JIAが急騰


*16:16JST マザーズ指数は反発、朝方の買い一巡後は上値重い、JIAが急騰
 本日のマザーズ指数は反発となった。前日の米国市場にて主要3指数が揃って反発をみせるなか、日経平均と同様に朝方はマザーズ市場にも買いが波及した。しかしその後は、トランプ米大統領による華為技術(ファーウェイ)との取引継続を認める発言や米ゴールドマン・サックスによる米半導体製造装置メーカーの投資判断引き上げを背景に、東証1部の値がさハイテク株に対する物色が主体であった。これにより、マザーズ銘柄の商いは薄い地合いが継続し、物色も一部の個別材料株に対する短期物色に留まった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で758.49億円。騰落数は値上がり168銘柄、値下がり106銘柄、変わらず16銘柄。
 個別では、そーせい4565が昨日に続きマザーズ売買代金トップにランクイン。業績予想の下方修正を発表後に悪材料出尽くしとの見方から買いが入ったJIA7172や昨日に続き連日のストップ高となったメディア工房3815、サブスクリプションサービスの利用企業が300社を突破したクックビズ6558などが10%以上となる大幅高に。また、吉本興業問題を受けて思惑買いの向かったUUUM3990が大幅に続伸し、国内大手証券による投資評価の引き上げの動きからTKP3479も、一時前日比285円(6.1%)高の4935円まで上昇する場面があった。そのほか、MTG7806やテックポイント・インク6697が上昇率ランキング上位に入った。一方で、マネーフォワード3994が値下がり率トップとなったほか、ロゼッタ6182、富士山マガジンサービス3138、フィル・カンパニー3267などが5%近くの下落になった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below