July 26, 2019 / 8:35 AM / 4 months ago

マザーズ指数は4日ぶり小反落、前日終値挟んだ推移、メルカリは売り一巡後に反転


*17:33JST マザーズ指数は4日ぶり小反落、前日終値挟んだ推移、メルカリは売り一巡後に反転
 本日のマザーズ指数は4日ぶり小反落となった。25日の米国市場において主要企業の決算が芳しくなかったことや、6月耐久受注額が市場予想を上回ったことによる米利下げ期待後退などが嫌気され、東京市場は朝方から下落スタート。これを受け、マザーズ市場にも売りが波及した。日経平均が安値圏での小動きとなるなか、材料のあったマザーズ銘柄に物色が集まった。また、前日に前期業績見通しを明らかにしたメルカリ4385が売り一巡後にプラスに転じるなか、マザーズ指数は一時上昇に転じる場面もあった。一方で、大引けにかけては、週末要因の持ち高調整の動きなどもあり、前日終値を挟んでの動きとなった。なお、マザーズ指数は小反落、売買代金は概算で622.90億円。騰落数は、値上がり105銘柄、値下がり171銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、そーせい4565がマザーズ売買代金でトップに、続いてメルカリが2位にランクイン。メルカリは赤字幅を拡大したことが嫌気され下落スタートしたが、その後は買い戻しが入り、結局32円(+1.12%)高の2887円で終えた。一方、22日からの急騰の利食いが続いたメディア工房3815が値下がり率ランキングのトップに入った。その他では、バリューデザイン3960や、3日続伸していたインパクトホールディングス6067、イグニス3689、チームスピリット4397などが値下がり率ランキングの上位にランクインした。上昇率ランキングでは、収益不動産管理アプリを手掛けるWealthParkと業務提携を発表したフィット1436がトップに入り、昨日引け後に業績の上方修正があったドリコム3793が続いた。その他では、イトクロ6049やビリングシステム3623、ライトアップ6580が値上がり率ランキング上位に入った。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below