July 30, 2019 / 8:30 AM / 25 days ago

マザーズ指数は続伸、終日堅調な推移、昨日IPOのブシロードは売買代金トップ


*17:26JST マザーズ指数は続伸、終日堅調な推移、昨日IPOのブシロードは売買代金トップ
 本日のマザーズ指数は続伸した。円安によって輸出採算の悪化懸念が後退したことで、電機や機械などの関連株を中心に朝方から東京市場は上昇した。とくに昨日業績の下方修正を発表しながらもロボット事業の受注改善などが好感されたファナック6954などが買われたことなどが寄与する形で、朝方からマザーズ市場にも買いが波及した。後場に入ってからは、日銀の金融政策決定会合において期待されていたフォワードガイダンスの延長の発表がなかったことから、為替は円高方向に反転し、それに伴う形で日経平均は一時下げに転じた。一方で、為替の影響を受けにくいとされるマザーズ銘柄は引き続き堅調な推移となった。なお、売買代金は概算で862.40億円。騰落数は、値上がり116銘柄、値下がり159銘柄、変わらず14銘柄となった。
 個別では、昨日新規上場(IPO)したブシロード7803が売買代金でトップに、続いてそーせい4565がランクインした。ブシロードは前日比で182円(+8.51%)高の2320円と値上がり率ランキングにおいても4位に入った。値上がり率ランキング1位は、一部メディアにて成長期待が大きいことを示す株価売上高倍率(PSR)の高い銘柄として取り上げられたKudan4425がランクイン。昨日引け後に発表した第2四半期決算内容が大幅な増収増益だったエリアリンク8914、アクセルマーク3624がそれに続いて値上がり率ランキングの2位と3位に入った。その他では、延期が発表された新薬への期待から買い戻しが入ったアンジェス4563や、anfac7035、ベストワンドットコム6577などが上位に入った。一方で、昨日引け後に発表した決算において下方修正があったアズーム3496が値下がり率ランキングのトップに。続いて、昨日ストップ高だったメディア工房3815は利益確定売りから値を消した。その他では、エードット7063、リビン・テクノロジーズ4445、前日まで大幅に3日続伸していたアプリックス3727などが値下がり率ランキングの上位に入った。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below