August 1, 2019 / 7:55 AM / 21 days ago

マザーズ指数は小幅に4日続伸、売り一巡後にプラス転換、ホープが急伸


*16:52JST マザーズ指数は小幅に4日続伸、売り一巡後にプラス転換、ホープが急伸
 本日のマザーズ指数は小幅に4日続伸した。米国連邦公開市場委員会(FOMC)の結果、今後の利下げ期待が後退したことが嫌気されて米国市場主要3指数は揃って下落した。米株安の流れを受けるなかでマザーズ市場にも朝方から売りが波及した。しかし、為替が1ドル=109円台と円安方向に転じてからは、日経平均は下げ幅を縮小。これを受けて、個人投資家センチメントは改善し、マザーズ指数は前引けにかけて上昇に転じた。その後は、米欧の重要経済指標の発表を控え、マザーズ市場も膠着感が強まった。なお、売買代金は概算で679.19億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり174銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、昨日18%超と大幅安だったインパクト6067が売買代金でトップにランクインし、続いて、そーせい4565が2位に入った。値上がり率ランキングでは、業績期待が続くホープ6195が8%超と急伸したほか、ユーザーローカル3984、バンク・オブ・イノベーション4393、ロゼッタ6182、SOU9270、イグニス3689などが続いてランキング上位に入った。業績の上方修正があったソフトマックス3671は寄付き直後に一時急騰したが、その後は利益確定売りが優勢となり、結局35円(+2.69%)高の1335円で終わった。
 一方で、値下がり率ランキングにおいては、ファンデリー3137がトップにランクインし、昨日引け後に発表された決算において減益だったユナイテッド2497が2位と続いた。先日上場したブシロード7803は158円(-6.83%)安の2155円と利益確定売りに押された。その他では、メディア工房3815、昨日引け後決算において業績の上振れが確認されたものの反応が限定的だったイーソル4420、フルッタフルッタ2586、イオレ2334などが値下がり率ランキング上位になった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below