August 15, 2019 / 7:18 AM / in a month

マザーズ指数は大幅反落も、好業績銘柄への物色活発で下げ渋り、GNIが急騰


*16:14JST マザーズ指数は大幅反落も、好業績銘柄への物色活発で下げ渋り、GNIが急騰
 15日のマザーズ指数は大幅反落となった。前日の米国株式市場では、米国債イールドカーブ(長短金利差)が逆転したことで世界経済減速への警戒感が高まったことにより、NYダウは800ドル安と今年最大の下げを記録。これにより、個人投資家心理も悪化した流れからマザーズ市場にも大きく売りが先行。その後は、為替市場において円高進行が一服したことを背景に日経平均も下げ渋るなか、好業績のマザーズ銘柄に対する物色の動きが次第に活発化した。これにより、マザーズ指数は引けにかけて下げ幅を縮小する展開となった。なお、売買代金は概算で996.15億円。騰落数は、値上がり61銘柄、値下がり225銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり上位銘柄では、前日の大引け後の決算が嫌気されたFRONTEO2158やメドピア6095、オークファン3674が2ケタの下落率と大幅安になった。売買代金上位では、そーせい4565が5%安になったほか、バンクオブイノベ4393、UUUM3990、ミクシィ2121、エクストリーム6033、オンコリス4588、ロゼッタ6182が軟調であった。一方で、前日に決算発表のあったところとして、上期営業利益における対通期進捗率が90%に達したGNI2160が12%高、第1四半期決算にて税引前損益が黒字転換したサイバーダイン7779が4%超の上昇となったことからマザーズ指数を下支えしたほか、Kudan4425、インパクトホールディングス6067、ラクス3923なども堅調であった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below