August 27, 2019 / 7:10 AM / a month ago

マザーズ指数は大幅続落、アンジェス急落が波及、バイオ関連など軟調


*16:05JST マザーズ指数は大幅続落、アンジェス急落が波及、バイオ関連など軟調
 27日のマザーズ指数は大幅続落となった。前日の米国市場で、トランプ大統領が主要7カ国首脳会議(G7サミット)で中国との貿易協議の再開に前向きな姿勢を示し、米中摩擦への警戒感が和らいだ流れから、朝方のマザーズ市場にも買いが先行した。しかし、寄り付き直後にマザーズ指数がマイナスに転じ、その後も引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。一時1ドル=106円台まで下落していた円相場において円安進行が一服したほか、後述する指数インパクトの大きいアンジェス4563が急落したことにより、他のバイオ株にも売りが波及。これらにより、個人投資家心理が悪化したようだ。なお、売買代金は概算で709.83億円。騰落数は、値上がり129銘柄、値下がり155銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり上位銘柄では、イスラエルのBarcode Diagnostics社と資本提携と発表するも前日の反動が優勢となったアンジェスが16%安になったほか、グローバルウェイ3936やインパクトホールディングス6067などがそれに続いて大幅安に。売買代金上位では、直近IPO銘柄のブシロード7803やマザーズ時価総額トップのメルカリ4385が揃って6%安になったほか、そーせい4565、ブライトパス・バイオ4594、オンコリス4588、マーケットエンタープライズ3135などが下落。一方で、バンクオブイノベ4393、GNI2160、手間いらず2477は上昇した。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below