September 6, 2019 / 7:36 AM / 3 months ago

マザーズ指数は利食い売りに押され小反落、値下がり率トップはホープ


*16:30JST マザーズ指数は利食い売りに押され小反落、値下がり率トップはホープ
 本日のマザーズ指数は小幅に反落した。前日の米国市場は、米中通商協議の再開メドが立ったことが引き続き好感されるなか、8月の米ADP雇用統計や同ISM非製造業景況指数が市場予想を上回ったことにより、主要3指数そろって大幅高。日本株式市場もこれを好感して始まった。また、1ドル=107円台まで進んだ円安基調も個人投資家のセンチメント改善につながったと思われる。しかし、昨日の時点ですでに外部環境の好転による上昇分は相当に織り込んでいたようで、本日のマザーズ指数は朝方に小高く始まった後は上値が重かった。その後は利食い売りに押されるかたちで次第に値を下げていき、結局、前日比で小幅な下落で終わった。なお、売買代金は概算で575.32億円。騰落数は、値上がり120銘柄、値下がり159銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、ここ数日上昇ピッチが速かったホープ6195が2ケタ台の大幅な下落率をみせ、値下がり率ランキングトップになった。また、リクルートキャリアの内定辞退率問題により、個人情報管理が厳しくなれば名刺情報登録の煩雑化やシステム改善が必要になりそうだと予想されたSansan4443が7%超と大きく下げ、本日のマザーズ指数の値下がり寄与トップとなった。その他では、イオレ2334をはじめ、Link-U4446、昨日ストップ高水準まで上昇したITbookHD1447、インフォネット4444、リックソフト4429などが値下がり率上位に並んだ。一方、フォーライフ3477はストップ高となり、また、マーベラス7844と共同で開発しているMMORPG「ログレス」シリーズの最新作「ログレス物語(ストーリーズ)」の配信日が18日に決定し、事前登録を開始したと発表したAiming3911も16%超と大幅な上昇をみせた。その他では、ナノキャリア4571、イトクロ6049、イーソル4420、アライドアーキテクツ6081、くふうカンパニー4399、識学7049などが値上がり率ランキング上位となった。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below